安心して暮らせる住まいづくり!【地盤調査をしよう】

住宅を建てる際には

工事現場

地震に備えて

世界では多くの地域で地震が起きていますが、その中でも特に多くの地震が起きているのが日本です。また、地震が多いだけではなく地盤も弱いことが多いために日本では住宅の耐震基準も厳しくなっています。日本では東日本大震災などの影響もあり、自身に対する対策を真剣に考える人も増えています。そこで住宅を建てる際に行われることが多くなっているのが地盤調査です。どんなに耐震基準の高い住宅を建てても、その住宅の下にある地盤がしっかりしていない場合には大きな地震が来た時に耐えられない可能性も十分にあります。また、地盤そのものが地震でずれたりしてしまうと住宅は無事でも今後済み続けるのは危険が伴う状態になってしまうこともあります。そういった事態を避けるために行われるのが地盤調査です。地盤調査は住宅を立てる予定の地盤を調べ、可能であるなら補強するなどして住宅が安全に建てられるようにするものです。地盤そのものを改良するのは地盤改良工事と言われるものであり、地盤そのものをセメントなどを使って補強することで安心して住宅が建てられるようにすることが出来ます。また、地盤調査を行って問題があるようなら地盤改良工事を行うことで地盤沈下を防ぐことも出来るようになります。東日本大震災でも大きな問題となった地盤沈下ですが、住宅を建てる前に地盤調査をして対策をすることで十分に防ぐことが出来るということで地盤調査を行う人が増えているのです。