安心して暮らせる住まいづくり!【地盤調査をしよう】

安心安全な家づくりの基本

作業員

埋立地は地盤の調査が必要

家を建てるのは一生に一度のことです。できる限り安全で暮らしやすい家づくりをする必要があります。一戸建て住宅のトラブルで多いのが地盤に関するものです。軟弱な地盤に家を建ててしまうと、基礎が沈み込んだりして家が傾いてしまいます。ほんの少しの傾きでも基礎や壁にヒビが入り、危険な状態になります。そのような基本的なトラブルを避けるために必要なのが地盤調査です。特に川沿いの土地や、かつて沼地や田んぼだったのを埋め立てた土地の場合は地盤調査が必須です。このような埋立地は家を建てた直後は安定していても、年数を経ると徐々に建物が傾くことがあります。自元の建築会社なら地盤の弱い土地についての知識があるので、工事に入る前に地盤調査をするはずです。もし規定の数値に達しない場合は、コンクリートなどで地中に補強工事をします。地元の建築業者ではない場合は安全性のために着工前の地盤調査は必要です。地盤調査をすればその分の費用はかかりますが、後々安心して暮らすことができます。調査方法によって費用は違ってきますが、簡易な調査なら50万円ぐらいです。本格的な調査になると200万円から300万円かかることもあります。また軟弱地盤の場合は補強工事が必要となるので、その費用も考えておくことになります。1番良い方法は土地を購入する前に、地主に頼んで地盤調査をさせてもらうことです。そううすれば安全で安心な家づくりができます。多少の出費になっても、その方が結果的にはメリットがあります。