安心して暮らせる住まいづくり!【地盤調査をしよう】

災害対策のために行う

道路

家を建てる前に行う

日本では東北大震災が起きてからというもの、建物を建てる際、地盤の状態を気にする人が増えてきました。そこで、家を建てる前にその土地の地盤調査を行うことも必須となってきているのです。実際に、家を購入する際、不動産会社が地盤調査をしてくれる専門家を手配してくれることもあります。調査結果でお墨付きという物件なら、誰もが安心して家を購入することができるからです。もちろん、既に住んでいる家の地盤調査を行うことも可能です。ちょっとした揺れでも地盤がゆるい場合には、家が崩れてしまうこともあります。そうなってからでは大変です。その前に自身の住んでいる家がどのような地盤の上に成り立っているのか、確認しておきましょう。もし、その地盤調査結果によって地盤がゆるいということが分かった場合には、早急に対策を練る必要があります。例えば、家のリフォームをしてみるのです。特に耐震強度を強くする耐震工事を行いましょう。dそうすれば、家を取り壊すことなく、引っ越しをすることなく、そこに住み続けることができます。もちろん、これから家を購入するという人は地盤調査を必須として検討してみた方がいいかもしれません。購入時に地盤調査がセットになっていなければ、個人的に専門家を探して調査を依頼しましょう。多少の費用はかかりますが、不動産経由の場合には無料で行ってくれることもあります。もちろん、費用がかかったとしても安全や安心感を得られるのなら微々たるものと言えるでしょう。