安心して暮らせる住まいづくり!【地盤調査をしよう】

地盤の強さを知っておく

男の人と女の人

地盤改良の必要性

地盤調査とは住宅を建てる際に、その土地の地盤が構造物に適しているかどうかを調査することです。地震に強くまた沈下や液状化などの被害を受けない住宅をつくるには地盤調査によって、敷地の性質を知っておく必要があります。地盤の事をあまり考えずに建築物を建てると近隣家屋に被害が出て、大きなトラブルにもなりその結果、高額な損賠賠償を請求されたりするリスクにもなります。特に湿地や水田の埋め立て地などは基盤が軟弱なので、何の対策もしなければ盛り土の重さで大きく沈下したり液状化の恐れがあります。なので沈下量や周辺環境への影響を考慮した工事計画を立て、災害発生時の補償条件についても工事前に施工会社と協議する必要があります。災害対策としてとは、戸建住宅や小規模建築の地盤強度を調査する方法があります。現在最も簡易的で普及しているのはサウンディング試験です。スクリューを付けたロッド先端に機械を取り付けて重量のある錘を載せて、ロッドを地盤に入れていく試験方法です。ロッドがどれだけ地中に貫入するか測ります。その後、さらに回転を加えて、硬軟、締まり具合を回転数や錘の重量で判断します。フルオート調査のため正確性の高いデータを測定することが出来ます。この様に揺れやすい表層の上に家を建てる場合は地盤調査と基礎の補強、耐震が必要です。また地盤調査も一社だけで決めずに、第三者の目線で解析してもらえる地盤セカンドオピニオンというサービスもあるので利用して判断するのもお勧めです。