安心して暮らせる住まいづくり!【地盤調査をしよう】

工事現場

数か所試験をすること

それほど大きくない土地であっても場所によって地質が異なってくるので、数か所の地盤調査が必要です。地盤調査の結果は余裕をみるようにして、ぎりぎりの場合には杭打ちをしたり、地盤強化をした方が良いでしょう。

男の人と女の人

地盤の強さを知っておく

地盤調査はとても重要です。地盤の結果で地盤改良工事の必要性が判断されます。なので地盤保証会社に依頼してみるのがお勧めです。そうすれば、専用の重機で詳しく調査を行なってくれます。また、依頼する場合には、セカンドオピニオンサービスの利用も検討してみましょう。

工事現場

住宅を建てる際には

地震が多い日本で安全に住宅を建てるために行われるようになっているのが地盤調査です。住宅を建てる際に前もって地盤調査を行うことで安全に住宅を建てることが可能になり、調査結果によっては地盤改良工事を行うことで地盤沈下などが起きるのを防ぐことが出来ます。

作業員

安心安全な家づくりの基本

家づくりは一生に一度のイベントですが、大事なのは地盤調査です。田んぼなどの埋立地などは地盤が軟弱な場合があり、建ててから家が傾く恐れがあります。簡易な調査なら50万円、本格的な調査は200万以上かかります。また補強工事が必要な時はその費用もかかります。土地を購入する前に地盤調査をするのが1番です。

住宅建築には地盤が重要

メンズ

地盤を調査する方法

住宅を建築する場合に重要なことは地盤の強度です。地盤の強度が不十分だと住宅が傾いたりひび割れが発生するなど、住宅の強度まで下げてしまいます。そのため、住宅を建築する場合には必ず地盤調査を行うことになります。地盤調査の方法には様々なものがありますが、一般的に採用されている方法はスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる地盤調査方法です。この方法は、スクリューを取り付けたロッドに荷重を加えて、どの程度地面に貫入していくかを調べる方法です。この方法の場合、住宅の基礎をおく四隅と中央の強度をチェックすることになります。大きな礫などがあるとそこでストップしてしまいますので、確実に地盤の強度を確認できるというものではありません。ただ、1か所数万円でチェックできるため安価であることや大きな装置が不要であるためスピーディに調査ができることがメリットです。一方、軽量鉄骨や鉄筋コンクリート造りなど重量がある住宅の場合には、ボーリング試験を行う場合もあります。ボーリング試験であれば、実際に地中の土を採取して強度を確認することができますので、確実性の高いチェックを行うことができます。ただ、大きな機材が必要になるため、費用もかかりますし作業時間もかかります。いずれにしても、住宅建築に当たっては適切な地盤調査を行って、必要な地盤改良工事をすることが重要になりますので、状況に応じた地盤調査の方法を選択することが大切です。

RECOMMEND POST

工事現場

数か所試験をすること

それほど大きくない土地であっても場所によって地質が異なってくるので、数か所の地盤調査が必要です。地盤調査の結果は余裕をみるようにして、ぎりぎりの場合には杭打ちをしたり、地盤強化をした方が良いでしょう。

男の人と女の人

地盤の強さを知っておく

地盤調査はとても重要です。地盤の結果で地盤改良工事の必要性が判断されます。なので地盤保証会社に依頼してみるのがお勧めです。そうすれば、専用の重機で詳しく調査を行なってくれます。また、依頼する場合には、セカンドオピニオンサービスの利用も検討してみましょう。

工事現場

住宅を建てる際には

地震が多い日本で安全に住宅を建てるために行われるようになっているのが地盤調査です。住宅を建てる際に前もって地盤調査を行うことで安全に住宅を建てることが可能になり、調査結果によっては地盤改良工事を行うことで地盤沈下などが起きるのを防ぐことが出来ます。

作業員

安心安全な家づくりの基本

家づくりは一生に一度のイベントですが、大事なのは地盤調査です。田んぼなどの埋立地などは地盤が軟弱な場合があり、建ててから家が傾く恐れがあります。簡易な調査なら50万円、本格的な調査は200万以上かかります。また補強工事が必要な時はその費用もかかります。土地を購入する前に地盤調査をするのが1番です。

道路

災害対策のために行う

地盤調査をすることは必須です。というのも、地盤がゆるいところでは安全性を感じられないからです。これから家を建てる場合には、専門家に地盤調査を依頼しましょう。もちろん、既に住んでいる家でも調査を依頼することは可能です。